試行錯誤して出来上がったヤギの白カビチーズ!ここまでくる道のりは長かった、、、

一般的な白カビチーズって
1、周りが白く白カビ独特の匂いがする
2、中はカマンベールドノルマンディーのような長期熟成じゃないとだいたいかたい
3、食べた時に口のなかにうーんとなる、笑

たぶん私は白カビのチーズが好きじゃないのかもしれない。笑
実際唯一食べれないというか食べたくないのが、カマンベールの王様であり、フランスが誇る超有名チーズのカマンベールドノルマンディーだからだ。

それなのに何故白カビのチーズに挑戦しようと思ったか、それはチーズ販売しててレパートリーがもう少し欲しかったのと、単純に色んなチーズを作ってみたいという好奇心からだった!

それが作ってみて驚いた!美味しい!
白カビチーズだけの話しじゃなくて他のチーズも有名なチーズやさんで買ってきたチーズよりだいたいうちのチーズが美味しい!!
たぶん一番美味しい『刻』に食べてるっていうのと、自分好みに作ってるからかもしれない。
だけどこのヤギの白カビチーズは美味しすぎる。。。

熟成期間は割と早めにしたんだけど、外皮は少し弾力があって、中のチーズは酸味があって白カビチーズなのに酸味があって!(二度言います)
そして皮との間はとろけてて口の中に入れるととろけだした濃厚さと酸味がベストマッチ!!
今まで世界中のチーズ食べたけど、こんなに美味しいチーズは初めてだよ。
もしかしたら、世界のチーズ産地に行けば、その場所なら買えるのかもしれない。

何はともあれ、看板商品にすることを決意した私は美味しいチーズができたから、次はこのチーズを美味しく見せる包装に力を入れたい!
完成したら御披露目します✨

ヤギのチーズはおいしいよー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。